午後のひととき

2009年09月

今年の青森は夏らしい夏がねがったせいだがさ、
秋さなるのも心なしか早えんた気がします〜{/森/}
田んぼもボチボチ稲刈り始まってらし↓





あどは山も街路樹も紅葉始まってきたし、
りんごだのぶんど(葡萄)だのの果物も店頭さ並んでらし…
だばって日中だば、山近けどごは、
まだセミ鳴いでらのが聞こえるんた
ちょっと不思議だ状況だったりします(笑)

そんな中、「たらポッキ温泉」さ行ってきました〜{/温泉/}
喫茶店風の建物だばって(笑)
写真(クリックででっけ〜画像さなります)ばよぐ見れば、
「女湯」ってのれんが見えるかと…↓



横がら見れば、左側奥に
「たらポッキ温泉」って看板が見えるど思います〜↓
(一応これもクリックででっけ〜画像さなります)



上の写真の右側さ、
「たらポッキ三幸食品株式会社鶴ヶ坂工場」
って看板が見えますが、
隣は看板の通り、三幸食品の工場さなってます↓



ついでに…温泉の向がい側は、奥羽本線の線路が{/電車/}
近ぐに駅(鶴ヶ坂駅)もあります〜↓



「たらポッキ」ずのは、おつまみの名前で、
三幸食品さんの看板商品です。
(干して薄ぐのした鱈の間さチーズばサンドしたもの)
三幸食品さんでは、たらポッキだげでねぐ、
のしいかだの貝柱だのの海産物の加工食品ば製造してらみたい。

で、たらポッキ温泉は、三幸食品さんで工業用水ば掘った時に、
温泉が湧き出だのを利用して作られだみたいです〜。

泉質は、ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(含重曹食塩泉){/温泉/}
うっすら黄色がかってで、肌っこツルツルさなるんた湯っこで、
テレビの温泉番組でしゃべる所の「美人の湯」系がな?

写真撮れねがったはんで説明くでぐなるんだばって…{/汗/}

中はサウナだのもねぐ、でっけ〜浴槽が真ん中さ一つあって、
シャワーどカランがぐるっと取り囲んでらんた作りで、
浴室の壁さはこのたらポッキ温泉がある
鶴ヶ坂地区の歴史がずらずらど書がれでらんず。

その書がれでら歴史っこば眺めながら湯っこさじっくり浸かってれば、
体ポカポカどあったまって、夏は汗引かねして困るばって(笑)
寒み時期だら、ながなが湯冷めさねくていいんだぇな〜。
うぢの母っちゃだっきゃ、
「入れば(夜中に)トイレさ起ぎない」
ってしゃべるし…そ・そったらにが〜?{/汗/}

たらポッキ温泉
青森県青森市大字鶴ケ坂字田川88−3
017-788-1347

MAP

年中無休
営業時間 09:00〜22:00
入浴料 大人420円


久々に温泉さ浸かって癒されだ後は、
ロビーでサービスのお茶っこ(たぶん杜仲茶?)飲んで、
わんつか買い物〜{/音符/}

たらポッキ温泉のロビーさは、ジュースだのアイスだのの
よぐ風呂屋のロビーで売ってらものだげでねぐ、
隣の三幸食品で作ってら商品も売ってらんず。
おつまみ系の他に、ぬがにしんだのもあったし…
で、ちゅわこが買ったのがこれ↓



商品名「むきたら」って書いでますが、干しダラですね☆
干しダラ、スーパー何件が回ったばって、
売ってらどごがながながねくて、
あってもわんつかしか入ってねー上に高げんず〜{/悲しい/}

たらポッキ温泉だら、絶対あるハズ{/!/}って踏んで、
湯っこさ入りがてら行ったっきゃ、ありました〜{/嬉しい/}

で、なんでまだ干しダラがっていうと、
日テレ系で、魔女たちの22時って番組あるんだばって、
その番組で紹介されだ、「プゴク」ってスープば作る気なって{/喫茶店/}
番組ではなんが肌っこがプルプルさなるって話でったし(笑)

ちゃんとした作り方はバックナンバーさ出でらばって、
プゴクさ関して、ネットで調べでみだっきゃ、
タラが高タンパク・低カロリーで肌っこさ良いらしいって事が分がって、
だったらもっと簡単に作れねがな〜?って思って、
作ってみだのがこれ{/汗/}↓



むしった干しダラの身っこど、コンソメスープの素小さじ1杯、
それさ熱湯入れでかまして出来上がり{/ハート/}
って…手抜ぎもいーどごだばっての〜{/まいった/}

まぁ続げで摂るのが一番いいど思うし、
続げるんだら、簡単だ方がいいし(笑)
もし何がいいんた変化あるんたら、お知らせいたしますね〜。
(って…いらねがな?{/大汗/})

まだ読んでねんだばって{/汗/}
ちょっと前に出だこの小説が青森で話題さなってだんず〜↓



弘前で百年間続いでら食堂が舞台さなってら「小説」です〜。
津軽そばを作ってらどごらしい…
って事は、ちゅわこも行った事がある、あっこの食堂がな?(笑)

作者の森沢明夫さんはこの小説ば執筆するにあだって、
津軽地方さある「百年続いでら食堂」10件ば取材されだそうで、
レビュー見でみだばって、所々さ津軽の風情が描かれでで、
読んだ後はあったがい気持ちコさなるらしいですよ〜。
…とかなんとかしゃべってねで、
ちゅわこも早ぐ読んでみねばなぁ(連休中には読みてもんだな〜{/汗/})

ところで津軽地方さ限らず、
青森県内のあちゃこちゃさ「百年食堂」があるんですよね{/ラーメン/}
(てが、全国的にあるど思いますが…{/大汗/})
今日行ったこちらの食堂も、そのひとつなんです↓



青森市さある食堂「入〆」(いりしめ)です〜{/ラーメン/}
メニューの表紙コさ書がれでらように↓



創業明治35年{/!/}
今年でなんと!107年続ぐ老舗です〜。
壁のメニューです↓



店内は、テーブル席が5つ、
奥さは大人4人だらきついがな?{/汗/}って感じの小上がりがあり、
格子のガラス窓がら池のある中庭が見える、レトロだ作りです〜↓



入〆さ行ったのは今回で2回目だんず〜。
で2回共、一階で食ったんだばって、
入〆さは「二階席」があるんだぇな〜。

ちゅわこだぢが入った後に、
常連さんとおぼしきお客さんだぢが
次々ど二階席さ上がって行ってだばって、
二階席はどうなっちゅ〜んだべ?
今度行ぐ時あれば二階席さ上がってみねばなぁ〜。

前回行った時はラーメン食ったはんで、
今回はもりそば(570円)さしてみました↓



あっさりして、クセが無いそばです。
茹で加減はやや堅めだせいが、
ノド越しがすげぐ良いです。
ツルツルっと腹さ入ってまるんた感じで、
あっという間に食ってしまいました{/汗/}
(そんでねしても食うの早ぇのに{/まいった/})



食った後出できたそば湯もしっかり飲み干しました(笑)
つけ汁は、鰹節の風味ど醤油のバランスが良くて、
なんともめがったです〜{/音符/}



ちなみに、一緒に行った母っちゃがラーメン(530円)↓



妹はチャーシューメン(700円)でした〜↓



ラーメンだばって、煮干とかの魚介系+昆布の他にも
いろいろ隠し味があるんでねがな?
あっさりまろやかだばって、コクもあって、
これまだ大しためぇ〜ラーメンで、
母っちゃも妹も「おいしい〜{/音符/}」って言いながら食ってましたよ〜{/ラーメン/}

生そば「入〆」(いりしめ)
青森市青柳1-12-22
TEL: 017−734−2457

MAP
毎週火曜日定休

HPもあります〜↓



そういえば食ってまった後から気ついだんだばって、
入〆さは大豆粉入った「伝統の津軽そば」あるんですよね{/!/}
今回食ったもりそばは大しためがったばって、
津軽そばの方も気になるなぁ〜{/大汗/}
津軽そば…入〆でリベンジするが、それとも弘前の
津軽そばで有名だあの店さ行ぐべぎが…悩むなぁ(苦笑)




さてさて食後のデザート…ってわげでねんだばって、
(てが、前の週に食ったんだばっての〜{/汗/})
青森グランドホテル内の
「PATIO(パティオ)」ってカフェテラスで最近出だのが、
こちらの「つがるロマンのロールケーキ」だんず{/ケーキ/}↓



ロール1本まんまだら、1,200円がな?
上の写真のはカットしたやづで、1個250円でした〜。



米粉で作られでらせいが、小麦粉よりもホロホロしてまして、
食ってら最中にボタっとじゅうたんさ落どしてまった{/汗/}
(だばって投げるのはもったいないので食った{/まいった/})

スポンジだばって、崩れやすい難点はあるものの、
米の風味がほんのり漂う感じがな〜。
それさ、グランドホテル特有の?
濃厚だクリームがあいまって、奥深い味わいでしたよ〜{/嬉しい/}

このページのトップヘ