先月書いだ日記土産求めて弘前散策〜で、
弘前公園向がいさある津軽藩ねぷた村ってどごで買ってきたものの↓



まだ食ってねがったものがあったんず↓



津軽の在来種のとうがらし「清水森ナンバ」です〜{/嬉しい/}
ちなみに粒子の粗さは通常タイプを選んでみました〜↓



ちょっと前にこれの存在ば知りまして、
いっぺん食ってみてがったんず{/食事/}

この清水森ナンバ、なんが“幻のとうがらし”とがって
しゃべられでだものらしいですよね〜{/!/}

元々は、江戸時代に津軽藩初代藩主の津軽為信公が、
京都がら持ち帰って、弘前の清水森地区で栽培されでだみたいで、
昭和四十年頃までは全国的に有名だとうがらしの産地だったんだど〜。
だばって安〜輸入唐辛子さ押されでまって生産減ってまって、
一時はそれごそ絶滅の危機ささらされだんだそうです〜。

したばって、在来津軽「清水森ナンバ」ブランド確立研究会が、
このとうがらしば復興さ尽力しまして、
今では津軽藩ねぷた村とか通販とがでも、
売られるようになったんですよね↓




で、ちゅわこも味噌汁だのおかずだの…
いろんなものさかげで食ってみでらんだばって、
スーパーだので売っちゃ〜一味とうがらしさ比べれば、
なんぼが辛いんた感じがします〜{/衝撃/}{/衝撃/}

で、味っこも普通の一味よりも個性強いがも?
うまぐしゃべれねばって…フレッシュだ感じ?(笑)
ししとうの辛いやづば食ってらんた感じがなぁ?
ピーマンとかパプリカとか…生で食えばうっすら甘めっきゃ、
あいんた感じの甘みが、辛い中さも感じられるんですよね〜{/音符/}

ちなみ、糖分だのビタミンA・C・Eだのの
栄養価も高げ〜とうがらしだそうですよ〜{/グッド/}